スマホ販売店員の使い方サポートブログ

スマホ

iCloudでバックアップする方法

 iCloudにデータを保管しておくと、もしアイフォンを無くしたり故障した時にデータが取り出し出来る便利なサービス! アイフォンを購入したら必ずバックアップしておこう。

iCloudって何?

 アップルが提供するクラウドサービス。iPhoneやiPadに入っている情報(データ)をインターネット上に保管する事が出来る。 保管出来る容量は決まっており、無料5GB・月額130円 50GB・月額400円 200GB・月額1,300円 2TBが発生する。月額料金によっては家族でストレージを共有可能。

iCloudを使うと良いこと

⒈バックアップが出来る

 もし携帯が壊れて操作できないときや無くしてしまったとき、電話帳や写真などのデータを取り出せない、なんてことがよくあります。データがなくなってしまったら、相手に電話番号などの情報を聞きなおさないといけなかったり、そもそも相手が遠いところに住んでいて聞くことができず連絡がとれなくて困ってしまいます。

 そんなときに、バックアップしておくと保存しておいたデータを取り出すことができます。

⒉データの移行がかんたん

 新しいiPhoneへのデータを移すのがかんたんにできます。

もし、データの移行を一からしないといけない状況になったら電話帳をひとつずつ登録したり、アプリも一個ずつダウンロードして設定して…すごい時間がかかります。

 しかし、iCloudを使うと電話帳や写真、カレンダーの基本的なデータを移すことが出来るほかに、アプリの配置なども移すことができます。なので購入したあとの設定の時間をみじかくすることができます。

⒊勝手にバックアップしてくれる

 iCloudは、電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに、自動でデータをほぞんしてくれます。 私の場合だと毎日、夜中にデータをほぞんしてくれます。

 なので、わざわざ本体をおして操作しなくていいですし、保存しわすれる心配もありません。

バックアップ出来ないもの

  • ・「ICLOUDを使用しているAPP」でオンにしていないもの
  • ・一部のアプリの中身
  • ・共有している写真など共有ファイルのデータ
  • ・iCloudの容量以上のデータ

 などのデータはバックアップすることができません。なので別でバックアップをとっていただくか共有ファイルのデータであれば端末に保存をしていただくとバックアップが取れるようになります。

バックアップの手順

 ⒈ホーム画面の「設定」を開く

⒉一番上の「iCloudに登録した名前」が表示されている所を押す

⒊画面中央「iCloud」を押す

⒋ICLOUDを使用しているAPPの中の一番下「iCloudバックアップ」を押す

⒌iCloudバックアップの右横の丸を押してONにする(ONにすると画像のようになる)

⒍「今すぐバックアップを作成」を押す

最後に作成されたバックアップ:今日 ○:○○(バックアップした時間)が表示されたらOK

バックアップが出来ない、エラーが出た時

 順に下のことを試してみて下さい。

  1. Wi-Fiにつながっているか確認(または別のWi-Fiにつなげる)
  2. 充電しながらバックアップする
  3. iCloudの容量が足りているか確認(たりない場合は容量を購入)
  4. 一度電源を落としてみる

 それでも改善がない時はアップルサポートに問い合わせがおすすめ!

コメント

  1. […] スマホ販売店員の使い方サポートブログアイフォンのデータを保管できるi… […]

タイトルとURLをコピーしました