スマホを機種変更したら自分ですること

A8

 スマートフォンを機種変更したら、新しいスマホの設定が必ず必要になります。携帯ショップで購入した場合にはお店の人がやってくれることも多いですが、お店で時間が無かったり、ネットで購入した場合には自分でしないといけません。手順を間違えるとデータが戻ってこないなんてことも…

 そんなことがないように順に設定していきましょう。

 では機種変更をしたら必要なことは、まず旧機種のデータバックアップ。次に新機種の初期設定とデータ復元のこの3つです。

まずはバックアップ!

 まず、新機種の設定をする前に古い機種の方でデータをバックアップしないといけません。ただ、バックアップは古い機種に入っているもので、新しい機種にそのままデータ内容を移したいという項目のみで大丈夫です。

 前のデータはすべて消えても大丈夫という方や1からやり直したいという方は、新機種の初期設定から始めてください。

  • <バックアップが必要なもの>
    • 電話帳や通話履歴
    • 写真、スケジュール、メモ、音楽
    • おサイフケータイ
    • アプリ(LINEやゲームなど)

 基本的な物だとこのようなデータは引き継ぎが必要になります。特に、おサイフケータイやアプリは引き継ぎせず、新端末で初期設定してしまうと、今までの登録とは別のアカウント情報が携帯番号やユーザー情報に紐付けされてしまい、前のデータが消えてしまう・エラーが発生することがあり、もうデータを戻せない可能性があります。なので、バックアップを取ってから新しい端末の設定を行いましょう。

 ただ、アプリやおサイフケータイの種類によっては登録しているアカウントを入力するだけで簡単に引き継ぎできるサービスもあるのでアプリごとに確認する必要があります。

バックアップの種類

・電話帳や通話履歴

 クラウドやSD、パソコンに保存。

  • 主なクラウド
    • アップル製品→Iクラウド
    • アンドロイド→グーグルドライブ
    • 携帯キャリアのクラウド
  • SD
    • ソフトバンク→「あんしんバックアップ」アプリ
    • au→「auバックアップアプリ」
    • ドコモ→「データコピー」アプリ
  • パソコン
    • アップル製品→iTunes、ファイルをPCに直接コピー
    • アンドロイド→ファイルをPCに直接コピー

・写真、スケジュール、メモ、音楽

 こちらのバックアップは使っているアプリによって引き継ぎの仕方が変わります。例えば、スケジュールの管理を携帯キャリアが提供しているアプリで管理しているのであれば、ケータイ会社のバックアップ用のアプリを利用するべきですし、Google カレンダーを利用しているのであれば、グーグルドライブを使うのが便利です。

    • アップルのアプリ→Iクラウド、iTunes
    • Googleのアプリ→グーグルドライブ
    • キャリアのアプリ→キャリア提供のクラウド・SDバックアップ用アプリ

・おサイフケータイ

よく利用されるサービスで引継ぎ(預け入れ)が必要なものはこちらです。

    • 楽天Edy
    • iD
    • モバイルSuica
    • WAON
    • nanaco
    • QUICPay
    • モバイルPASMO

 それ以外のものでも引継ぎ(預け入れ)が必要なものもあります。また、アカウントをログインするだけで引継ぎできるサービスもあり、サービスによって操作方法が異なりますので詳しくは専用サイトにての確認を推奨します。

 預け入れ時、注意していただきたいのが、新しい端末で設定するときにIDやパスワードの入力が求められるおサイフケータイを利用している場合です。預け入れの操作をしてもIDやパスワードを忘れてしまっていたら新しい端末で引き継ぐことができない可能性が高いです。なので、IDやパスワード、引継用のコードなどがあれば必ずメモするようにしてください!

○楽天Edyの預け入れ手順○
  1. 楽天Edyのアプリを開く
  2. 左上にある3本線のメニューアイコンを開く
  3. 機種変更の手続き」をおす
  4. 預ける」をおす
  5. おサイフケータイに機種変更」をおす
  6. 楽天ID(ユーザーIDとパスワード)を入力
  7. 機種変更の手続きが完了しました」と表示されたらOK
○IDの預け入れ手順○
  1. iDのアプリを開く
  2. 画面中央のキャンペーン・使えるお店・〇〇カード(カード名)の欄の「〇〇カード」をおす
  3. メニューの中から「機種変更」をおす
  4. 機種変更後の登録に必要なパスワード入力(カードによってやり方が少し異なります)
  5. 手続きを行う」をおす
  6. 注意事項が出るので読んで「はい」をおす
  7. 次の画面に進んだらOK
○モバイルSuicaの預け入れ手順○
  1. モバイルSuicaを開く
  2. 右上の「その他」をおす
  3. 左下の「会員メニュー」をおす
  4. 携帯情報端末の機種変更」をおす
  5. 1.機種変更する」をおす
  6. 1.終了する」をおす
○WAONの預け入れ手順○
  1. モバイルWAONアプリ」を開く
  2. お客さまメニュー」をおす
  3. [4]機種変更手続き」をおす
  4. [1]機種変更パスワード発行へ」をおす
  5. センターに保管」をおす
  6. 次のページに機種変更反映用パスワードが表示されるのでパスワードを控える
  7. パスワード消去」をおす
○nanacoの預け入れ手順○
  1. nanacoモバイルアプリ」を開く
  2. 右下の「機種変更」をおす
  3. 会員メニュー用パスワードを入力
  4. 「次へ」をおす
  5. 「引継番号発行開始」をおす
  6. 次へ進むと引継番号(9けた)表示されるので番号を控える
  7. 「終了」をおす
○QUICPay預け入れ手順○
  1. QUICPayポータルサイトにアクセスする
  2. 利用中の会社を選ぶ
  3. QUICPay利用開始」をおす
  4. 機種変更された方はこちら!(お受け取り)」をおす
  5. 受け取りパスワードを登録
  6. 次へ」をおす
  7. お預け処理開始」をおす
  8. 次のページに進んだら受け取りIDを控える
  9. TOPへ戻る」で終了
○モバイルPASMO預け入れ手順○
  1. モバイルPASMOアプリを開く
  2. 左上のイラストの「アカウント設定」を開く
  3. 機種変更」をおす
  4. 機種変更・メインカード設定はこちら」をおす
  5. カードを預ける(機種変更)」をおす
  6. 預ける」をおす



・アプリケーション

 アプリケーションには、引継ぎ登録が必要なものとアカウントをログインするだけでデータが戻ってくるものとそもそもデータを移すことができないものがあります。 また、アプリによっては一部しか戻らないということもあります。

 こちらに関しては一つずつ公式サイトなどで確認していただくのが一番です。

<有名サービス>
・LINE→アカウント引継で友達情報のデータを移すことが可能
    トークを引き継ぐ場合はグーグルドライブやIクラウドに保存が必要

・インスタやツイッター、フェイスブック→アカウントログイン

・パズドラやモンスト→バックアップや引き継ぎが必要

 私の経験のなかで、旧端末での引き継ぎをするのを忘れて、アプリを新端末で新規登録してしまい、あわてて登録したアプリを消し、再度旧端末で引き継ぎして登録しようとしたらエラーでデータが戻らなかったという方をみたことがあります。

 おそらくそのアプリは、電話番号やメールアドレスなどに紐づいており、新規で登録したときに情報が上書きされてしまったのかと思います。また、上記のやり方でデータが戻った方も見えました。一概には言えないですが、1回しか出来ない事もありますので気をつけてください。

次は、初期設定

 まず、SIMカードの入れ替えが必要です。SIMカードは携帯キャリアが提供している電波を受信するために必要なチップのことです。旧端末とSIMサイズが一緒の場合には入れ替えて使います。 サイズが違う場合、新しいSIMをさして電波が入っていないときには、電波を開通する設定が必要な時があります。そちらのやり方はキャリアによって変わりますので確認ください。

 入れ替えたら、電源をつけ、表示される文章を読んで順番に進んでいったら大丈夫です!

 ホーム画面まで進めたら初期設定完了です。

初期設定後に一緒に設定したい事

・電波のテスト•••電話とインターネットが繋がるか確認

・Wi-FiやBluetooth設定

・グーグルアカウントやアップルIDのログイン

(・セキュリティーアプリやロックコードの設定)

 設定時にアプリやデータのダウンロードが必要になりたくさんの通信料を使いますのでまず、はじめにWi-Fi設定はしておきましょう。そして、電話ができるかやインターネットが繋がるかなどは先に確認しておくことをおすすめします。

 また、アンドロイド端末でSDがあれば、写真を撮ったら直接SDカードに保存する設定や画面が見づらい方は文字表示サイズの変更などしておくと便利です。

データの復元

 データは、初期設定の途中でするものと初期設定後にするものの2種類があります。

 初期設定の途中でするものだと、アップルが提供しているiクラウドやiTunes、アンドロイドだとグーグルドライブなどです。こちらを利用される方は初期設定中に「新しい端末として登録しますか」「データを復元しますか」などの表示がありますので選んで順に進んでください。 その後、ホーム画面まできたらデータが戻っているか確認してください。

 初期設定の途中で移せないものはすべて後から行います。では、順番に移していきましょう。

・電話帳や通話履歴、写真、スケジュール、メモ、音楽

 クラウド利用している方は初期設定の途中に行ってください。

 SDやパソコンのかたは、復元設定が必要。SDはバックアップしたアプリを開き、復元の画面に進みます。

・おサイフケータイ

 まず、利用しているおサイフケータイのアプリをダウンロードし、手順に従って復元します。このとき、預け入れ時に使用したIDやパスワードが必要になることがあります。

・アプリケーション

 アプリケーションもダウンロードが必要になります。アップル製品は「APP store」から、アンドロイド製品は「pray store」からとることができます。 ダウンロードが終わったら、ホーム画面に戻りアプリをタッチして順番に進んで設定していきます。

最後に

 データは消えてしまうともう復元することができなくなってしまいます。なので、調べてから操作したり、IDやパスワード、コードなどの情報はメモしていただいてから操作してください。めんどくさい方は有料でデータの移行をしてくれるサービスがあるみたいなので良かったら利用してみてください。





コメント

タイトルとURLをコピーしました